自己変革プログラム その8 水田編

営業 水田


今回はまずは前回の宿題の「虚像」から話しました。
寝る前に一週間やってみたんですが、私は声に出さずに心の中でイメージをしていました。
しかし実際は声に出した方が、潜在意識と意識を繋げるのには良いと言われましたので、これからは車の中で実践してみます。
会社に戻ってから一部の人とは話しましたが、何もテーマが無くてイメージするのは私にはかなり難しい事でした。私が「虚像」したのは、静かな川にいる自分や、湖にいる自分がほとんどでした。自分は癒しを求めているんだなぁと感じました。
ここではイメージをする事で脳が働く事を学びました。
リラックスするイメージをすると、本当に体も脳もリラックスします。
ここで大切なことは、イメージしているときは疑似体験をずっとしておく事。
余計なことは考えないで、その世界に入り込む事が大切だと学びました。
あまり意識してやったことが無かったので、何か不思議な世界でした。
是非皆さんも行動してみて下さい。

次に「人間力開発」について学びました。
人間力とはどういう事かは人それぞれ違うので、皆さんが思う人間力とはを考えてみて下さい。この人間力開発が自己変革だと鏑木先生は言っていました。
人間力開発をする為には「自立」がとても大切です。この「自立」をする為の一つの手段として、このブログの「その6」の時に書いた3つの「主観」「自分を客観」「すべてを客観」の3つと、「内言」(自分の心の声)が大切です。
もう一度この3つの視点+内言を復習して意識して行動してみます。

次に以前にもここで書いた「気づき」について話しました。
「気づき」=「裸の関心」です。意志とか感情をいれないで物事に関心を向ける事の意味です。
(例)花を見て綺麗ではなく、そこに花があると気づくこと。
色んなことを気づく事によって自分を見つめられます。是非以前のブログその3を見て下さい。

最後に依存と自立について話しました。これは自分が主体か相手が主体かを意味します。
尊敬する人がいる人は、「○○さんになりたい」では依存していることになります。
「○○さんの△△が尊敬出来るからそれを目指したい」なら自分が主体です。
ここでは尊敬する人を持つなではなく、色々な人や、出来事から学べる「素直」さを学びました。
例えば一生懸命に生きている野良犬や、働いているアリからも学べるくらいの素直さと、
以前書いた「自分で考える事」が大切だと学びました。

今日は以前までの復習がほとんどでした。
次回は少しフォトリーディングを行います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

専務さなえ
2007年07月31日 00:35
水田、おつかれさま。
このプログラムも8回目だね。 良く頑張っていると思います。 今日は復習が多かったわりにはだいぶ疲れていたようだけど、今の自分は半年前の自分と比べたらかなり成長しているよね。 水田の口から癒しという言葉が出ること自体、すごい変化だよ。良いことです! 私はとっても水田に助けられていると思います たまには褒めましょう、ありがとう。
今週も上寿司が食べれるように頑張るよ!!!
まなびの汗っかキング
2007年07月31日 08:27
「依存と自立」、僕にとってとても大きな課題です。
普段の生活の中から少しずつでも変わっていけるよう、意識しイメージする事をしていきたいと思います。
今まで漠然としていたイメージ、意識するということも、目的に合わせ具体的にこんなにも方法があるとは思いませんでした!また次回の報告も楽しみにしてます!
営業 チョイ悪ライダー
2007年07月31日 09:10
私はやはりイメージすることが劣ってるような気がします。
ひとつの事を考えてると ついいろんな事が割り込んできます。
これが悪循環を起こしているのでは・・・・
また 今回のレポを参考にし自分なりに取り入れてみます。
制作Y
2007年07月31日 13:27
色々な人や、出来事から学べる「素直」さ、意識していないといつの間にか忘れてしまう大切な事を、このブログを読んで再確認させてもらいました。ありがとうございます。
制作の中年ボーダー
2007年07月31日 13:51
「虚像」とは世間一般に言うイメージトレーニングのことでいいのでしょうか?それなら私も冬場になるとスノーボードのイメトレをします。マスターしたい滑り方や技を常に頭の中にイメージして実践する。ただ、実際には自分の技量もありますので、なかなかイメージした通りにはならないですけど…(笑)でも、1日滑って例え1回でも自分のイメージ通りに出来た日は非常に充実した日になります!

と…そんなことを書いていたら、早く滑りたくなってきました(笑)
制作 BOM
2007年08月02日 04:31
制作の中年ボーダーさの言うようなイメージトレーニングとは、ちょっと違うかも知れませんし、ここでいう「虚像」ともちょっと違うかも知れませんが、イメージは原稿を作るとき必ずと言っていいほど、イメージを浮かべます。原稿そのものの時もありますし、本当にイメージだけの時もあります。こんな感じにやっていてもいいのでしょうか?
ちょっと違うかな?
営業 k
2007年08月04日 11:16
読んでいると、出来そうで実践しようとするとするとなかなかなのですかね・・?簡単そうで難しい・・? 例えば一生懸命に・・・・この一文、自分はとても大切なことと思っています。
営業 鶴岡
2007年08月04日 23:27
イメージは自分もよくしますが、「何となく」というイメージだったのかもしてません。そこが、「依存」している事になっていたのかもしれませんね。「素直」に学べる心は、年齢に関係なく大切ですね。視野を広げ、様々な事から学べる心を大切にしたいと思います。

この記事へのトラックバック