映画「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」

専務の小泉早苗です。 今私は、これからのおしえ隊カレッジを更に強化していく為に
本当の本物とは何か?と本物探しをしているので、自然と感性を深める所にあちこち積極的に行っていろんな事を感じています。 今日は、楽しみにしていた映画を見てきました。
~ エディット・ピアフ~愛の賛歌 ~
http://www.youtube.com/watch?v=SbMtfYBlbm8
時代も国境も越えて歌い継がれている、この心に残る深い歌声。 

画像



歌えなくなったら? ・・・ 生きてないわ
死を恐れますか? ・・・ 孤独よりマシね
女性へのアドバイスをいただけますか? ・・・ 愛しなさい
若い娘には? ・・・ 愛しなさい
子供には? ・・・ 愛しなさい
正直に生きられますか? ・・・ そう生きてきたわ

今回、私の中のピアフの印象がかわりました。
以前に美輪明宏のお芝居を見た時には、ピアフを愛する為に生まれて来たような
晩年のピアフの救世主である年下のテオとの愛がテーマだったので
ピアフ自信が愛のかたまりなのかと思っていたら、私が思うにこの映画の中では
違っていた。 勝手ワガママなのにどこか愛嬌があって許してあげたくなる魅力とそして才能に惹かれて、たくさんのピアフファンによって支えられている。
ピアフが愛を与えているのではなく、たくさんの人達から愛をもらっているのだ。
どんなにピアフが勝手を言おうと、荒れようと、落ちぶれようと、腰が曲がって外見が悪くなろうとお金がなくなろうとも、ピアフに惚れ続ける仲間達と世界中のファンが支え続けるているのです ・・・ これこそ本物の愛。 求めない愛、無条件の愛。  
でも何でピアフがこんなに愛されるのか? 子供の頃のピアフが神様に聞かれました。 「あなたが今望む事は何?」ピアフは、自分のことではなくて自分を可愛がってくれた人の幸せを願います。 こんなこと出来ますか? 多分私は、自分のことをお願いすると思う。

与えるからもらえる。。。もらえるから与える。。。どっちが先でも愛は愛だな!
 
ピアフは、自分の出生からたくさんの不幸により心を閉ざしてきたと評論家が書いていたが、
私はそう思わないな。 正直に生きていくって、心が開いていないとできないから。


考えてみたら、私の近いところで愛という綺麗な言葉ではないけれど、家族の絆で支えられて幸せとやっと気づいてくれた人がいるので紹介しましょう。
画像

実家のリビングに、展示されている生命保険のメモ帳に書いてある句です。
私の父は、母の辛抱強い愛(?)によって今、自分が幸せだと感じているようです。
生きている間に表現している父も、さすがだな!と感心します。 

画像

ついでに、父の前ではおりこうさんで、母の前ではわがままな
要領のよいチャコです。 私の事はどう思っているの? チャコ!

画像

今年の誕生日には、素敵なプレゼントをいくつかもらえました。
月に一度当社に講義に来て頂いている中村先生から、「本物の心のゆとり」と「私の自信を取り戻す」キッカケをプレゼントして頂きました。 先生は気づいてないかもしれませんが私は忘れません。

そして、おしえ隊カレッジの講師でもあり私が憧れる輝いている大人の女性2人から頂いた
オーラソーマの津島さんからの、色の変わるキャンドル♪
ピラティスの竹岡さんからの、外国のビール♪

人からもらえること、そして与えること、両方ができて大人っていうのかな☆ 頑張ろうっと!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

事務 シスター1号
2007年10月01日 07:26
今までの私の印象はエディット・ピアフは、愛の為に歌い続けてそしてその無償の愛をみんなに与えていたという印象だったのですが、その愛も人々から頂いた愛に支えられていたのですね。愛を愛で返す。素敵だなぁ~。会長の句、良いですねぇ。チャコも元気そうで良かったです。専務の事をチャコは・・・・・(汗)
愛だけではなく、人に与えて、そして与えてもらえる様な人間に私もなりたいです。
営業 チョイ悪ライダー
2007年10月01日 09:09
与えてもらい 与えてあげる・・・
どちらもできて大人!
ん~~ 私自身、そ~言われると
どちらでもない様な気がしてきました。
私もちょっと考えてみないと・・・・
営業 エネル(アブラ)ギッシュな33歳
2007年10月02日 00:59
人は人によって支えられている事は、ふとした日常では忘れがちになってしまうものですね。自分も改めて、支えてくれている方々に感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。それと同時に、人に与えられる事も自然に出来るようにしたいです。
自分が源泉
2007年10月03日 15:59
まず、与える。私達の会社の中でもしばしば交わされる言葉です。私達の企業ビジョンは「全関与先 黒字存続」です。多くの時間と衆知を集めて検討されたものですが、「先ず関わり与え、それを全うする→全関与先」という意味が含まれています。与えるとは「見返りを求めないこと」とも定義づけています。しかしながら、これを生ききるのは修業ですね。
専務さなえ
2007年10月04日 02:59
>自分が源泉様、コメント入れてくれてたんですね!
ありがとうございます。 黒字存続で、誰か分かりましたよ。それから、本日はとても楽しく学びながら笑えてとても善い宴でした。  飛び入り参加させていただきましたが、今の私にピッタリのメンバーでこのご縁をつくっていただき感謝・感謝♪ これから社員教育で水田主任がお世話になります。 とてもレベルが高そうなので、水田主任の成長が今から楽しみです。 時々コメントを入れていただけると嬉しいな~!!!
配布 窓
2007年10月14日 00:08
 『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』 私も観ました。「愛しなさい」 この言葉がとても印象に残りました。 
配布 窓
2007年10月14日 00:08
 『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』 私も観ました。「愛しなさい」 この言葉がとても印象に残りました。 
配布 窓
2007年10月14日 00:52
 うっかりして二度も同じコメントを送ってしまいました。すみません。ついでに、私があのあと続けて言いたかったことは、あの映画はピアフの人生への賛歌なのだと思ったのでした。

この記事へのトラックバック