若手・中堅社員研修セミナーレポート!!

画像

3月24日 当社おしえ隊カレッジセミナーの「若手・中堅社員研修セミナー」を受講しました。
このセミナーは9:30~17:30迄で、時間を掛けて社会人として大切な基本を学べます。
午前の部は私、河西がレポートしたいと思います。
講師の宮城加代子先生は株式会社創新ワールドで新入社員・中堅社員セミナーを中心に活躍されています。沖縄出身の爽やかで、とても気さくな方で、将来故郷の沖縄で社員教育セミナーを通して、沖縄を盛り上げたいという夢と志を持って、内に熱い心を持った先生でした。
まず最初に、このセミナーの目的とセミナー受講後のゴールのお話しがありました。
目的は 社会人としての最低限の知識を身につける事。
ゴールは  新入社員の方は①ビジネスマンとしての自覚。 中堅社員の方は①会社社員の手本となる事。 新人・中堅共に②として、本日学んだことを明日より実践する事!!
最初に目的とゴールが明確になった事で、講座を受講する意識も高まりました。
その後の研修参加者の心得のお話しの中で、印象深かったのが「自分が源泉、自分が全責任者」という言葉でした。                                         この言葉は前に当社の水田主任が受けたセミナーにも出てきましたね!!  積極的な参加で自分がこの研修を作っているんだという高い意識を持って取り組む事が大事なんだと思いました。
社会人としての心構えのお話しの中で、なるほどっ と思った言葉は・・・
意識を出せ、知恵を出せ 意見も知恵も出ない者は汗を出せ 汗さえ出ない者は辞表を出せ!!  という言葉でした。  最後の言葉はとても厳しい言葉ですが、社会人としてお金を貰って働いている以上、当然の事かも知れません。  身が引き締まりますね。
続いて、一般常識・マナーの中で、挨拶のお話しとビジネスで使う文章の書き方のポイントを教えて頂きました。
特にビジネス文章は苦手意識が強かったのですが、実際の文章を元に間違いを訂正するテスト形式をしたり、基本的なポイントをとても解りやすく教えて頂きました。
楽しくて時間が経つのがあっという間でした。   以上、午前のレポートでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引き続き午後の部は営業鶴岡がレポート致します。

おいしいお弁当を食べて、休憩した後は「一般常識・マナー」講座から開始です。

まずは、何故マナーが必要なのでしょうという事について考えました。
対応の良し悪しに「感動」した事や「嫌な思い」を過去の事例を交えて何故マナーが必要なのかグループ討論しました。
マナーひとつで人の気持ちが良くもなれば悪くもなります。
答えは「コミュニケーションを円滑にする為」です。言われれば「そうだな」と気づきますが、改めて問いかけられると意外と答えられないものです。
マナーには仕事や人間関係を円滑するだけでなく、相手への思いやりやその人の品格まで求められます。ちょっとした気遣いで物事が気持ちよく、スムーズに運ぶようにする為に改めて心のこもったマナーを心掛けたいと思います。

次に挨拶のですが、挨拶には4つの大切なポイントがあります。
あ=明るく
い=いつも
さ=先に
つ=続ける
明るく・いつも・先に・続ける の4つが大切なポイントです。
特に4番目の「続ける」は大切だと感じました。
こちらが挨拶しても知らん振りをしている人もいます(皆さんも心当たりがある方もいらっしゃると思いますが・・・)、それでこちらも挨拶をしないではなく、続けていればきっと相手も変わってくるともありあます。まずは率先して続ける事が大切だと学びました。

続いてお辞儀の仕方や、尊敬語・謙譲語の使い方、電話対応、ビジネス文章の作成の仕方(FAX送信書の作成)を行ないました。
普段、何気なく使っている言葉でも尊敬語・謙譲語の使い分けが曖昧な部分もありましたので、改めて勉強になりました。
今使っている言葉はお客様からは注意してくれませんので、日頃から正しい言葉使いに気を付けたいと思います。

職場において自分がまだまだ知らない事は探せば数多くあります。
「聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥」
の言葉が示すように、常に問題意識を持って仕事に取り組むことが大切です。
自分の力では限界があります。自分の周囲の助言を頂く事は大切です。
ポイントは目的を持って学ぼうとすると、必要な情報が集まってくるという事でした。
ここでも助言を頂いたときには感謝の気持ちを大切にして相手に対するマナーを心掛けるという事でした。

最後に正しい時間の進め方を学びました。ここでは業務を明確にして、ゴールを設定・達成するために業務の細分化・分析し、スケジュールを立てるという事でした。
スケジュールの管理は自分にしか出来ないものなので、そこに甘えや妥協が入らないようにしっかりと分析することが大切だと学びました。

本日学んだ事はすぐに実践に移していきます。
自分が掲げたのは(相手の話を)聴くスキルと(誰かに)聞くスキルです。
相手の話を良く聴き入れてしっかりと理解し、また、聞くのを躊躇しないで積極的に行動します。また、問題意識を常に持ち学ぶ気持ちを常に持ち続けます。
そしてこの講義で学んだことを実践して、社会人として見本になれる様な人物になります。
何か躓いた時にはこの講義のテキストを読み直して初心に帰り仕事に励みたいと思います。

最後にこの「若手・中堅社員研修セミナー」に参加させて頂き有難うございました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

専務さなえ
2008年03月25日 00:42
今日一日と報告、お疲れ様でした。
とても基本的な事ですが、基本ができて応用ができる。なんでも基本から始まります。今日から新たな自分のスタートです。今迄してきたような後悔がないように、思いっきり切り替えていきましょう☆ そして今迄の自分は忘れて、今日受けた内容すべてに忠実に行動してみて下さい。 失敗しても後悔しない強い自分になれます。自分の周りにプラスのエネルギーを吹かせて良い波を起こしましょう。 明日から期待しています♪ 
配布の小動物
2008年03月25日 09:06
セミナーお疲れ様でした。
基本がしっかり出来ていないと何事も上手く出来ないと思いますので、お二人から聞いたり、資料を基に参考にしていき、行動に移したいと思います。
制作の中年ボーダー
2008年03月25日 13:49
「若手・中堅社員研修セミナー」受講お疲れ様でした。普段、自分は大丈夫と思っている一般常識やマナーもいざチェックしてみると以外と間違っていることが多いことに気づかされます。私ももう一度、再チェックしてみたいと思います。
営業 辻
2008年03月25日 21:44
研修 お疲れ様でした!
私も昨日参加されたクライアントさんに本日伺い 感想を聞いてきましたが、”社会人のしての基本”
分かり易く受講できたと言っておりました。
私もテキストを見て 再度勉強しなくては…!!!
営業 水田
2008年03月25日 21:57
研修お疲れ様でした。
ここにも出てきた「自分が源泉、自分が全責任者」は本当に深いです。
この言葉がしっかり自分に落ちていれば弱音も愚痴も出てこないと高良塾長に教わりました。
今日の時間を活きた時間にするためにも、まずは行動で示してください。
お疲れ様でした。
営業 tsujido king
2008年03月25日 21:58
ブログを読んでみたら随分と濃厚な内容だったと思いました。また再度高い意識付けができたでしょう。即、仕事に実践してください。あいさつの話ではそのとうりの体験を最近経験しました。いつも朝刊をポストに取りにくる4~5歳の女の子に「おはよう」の挨拶を一方的にしていたのですが先週初めて挨拶をしてもらいました。それも彼女の方からです。きっといままでは挨拶するのがはずかしかったんでしょうね。
ゆいま~る
2008年03月26日 18:13
「若手・中堅社員セミナー」お疲れ様でした。社会人としての基本的なあり方(姿勢・心構え)を学び取って頂きましたら嬉しいです。 
 是非学んだ知識を意識しながら、日々の行動へ落とし込みをして頂ければと思います。「知っていること」を「できること」に変換する要は、『決めたことは必ず実行する!』にかぎります☆お互い頑張りましょう!!

追伸:ダイシングランドさんのスタッフの挨拶は、いつ接しても明るくて気持ちがいいです。皆さんも是非、ベンチマークされてみては?
事務 BOSS
2008年03月26日 22:29
「自分が源泉、自分が全責任者」何度聞いても重みのある言葉です。ビジネス文章は接続語1つで意味合いがかわってきたりします。自分では気付かないこともあるかと思いますので、お互い気付き声を掛けてあげることが必要だと思います。
事務 シスター2号
2008年03月27日 12:41
『マナーは仕事や人間関係を円滑するだけでなく、相手への思いやりやその人の品格まで求められる』
確かにどんなに仕事が出来る人でも、それ以外のマナーが悪ければ相手の気持ちも動かず、本心から打ち解けることが難しいと思います。だからと言って上辺だけのマナーでもそれは相手にも伝わりますし・・・。私も、誰に対しても心のこもったマナーで接することができる人になりたいと思います。

この記事へのトラックバック