歴史小説 『千の夜』~著者後記~ 北山 劉

若者達が「明日の日本」を真剣に考え、
日本魂を奮わせていた時代の歴史小説です。
 現代人が忘れかけているであろう、
 一途な想いによって、時代は動いた。

あなたは何を感じますか…

■著者後記

画像


↑画像をクリックしてご覧下さい


◆前回(最終回)はこちら





☆当社からのメッセージ☆


この連載は、歴史好きな方にとってはワクワクしてくる
内容だと思います。最近、日本があれています。
身内同士で殺し合ったり、企業の正義感も失われてきています。
今一度立ち止まり、自分の血筋(ルーツ)や自分が住んでいる
この平和な日本国のルーツを振り返ってみることは、
とっても大事なことだと私は思います。
自分の遺伝子を知ることは、自分を認めることの始まりです。
興味がない!の一言で流してしまうには、大切なたった1つの
命を未来の為に賭けた志士に申し訳ないというのが、
私の気持ちで、だからその方の経験を自分の人生に活かし
明日の明るい未来創りに役立てたいのです。

読者の皆さん、この連載もいろんな見方があると思います。 
当社の主旨は、「たくさんの人にこの歴史小説の意図を感じて頂き、
自分の成長のきっかけにしてほしい」ということです。
この主旨をご理解して頂いた上でのアドバイスや
ご感想でしたら素直に受け止めていきたいと思いますので、
コメントを受付けています!お気軽にご参加下さい。


この連載が、平和な日本創りにほんの少しでも役立てるように、
みんなで力を合わせていきましょう☆
企画側の勝手な意見で申し訳ございませんが、
どうぞご理解して頂きまして今後とも応援の程宜しくお願い致します。

(株)ダイシングランド 専務取締役 小泉早苗


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

専務さなえ
2008年05月26日 23:50
ペンネーム改め皆見龍一郎さん、当社の為にメッセージ溢れる歴史小説の連載を誠にありがとうございました。歴史の内容もとても興味ある展開でしたが、私はその繊細かつ力強い表現力にスッカリ心を酔わされました。そして、いつの間にか、日本文学館新人賞に入賞したり太宰治賞候補作となったりとこれからがとても期待される新人作家になっておりました。
私達にとってもとても名誉あることです。
これからも当社は地元の読者に対して仕事探し&自分探しをサポートしていき自立した人間の育成にスタッフ一丸となって取り組んでいきます。皆見さんも、どんな試練にも負けずに人の心に潤いを送り続けて頂けることを願っております。これからも当社に遊びに来て下さいね☆
お疲れ様でした。
minami ryuitirou
2008年06月04日 23:39
コメントが遅くなりました。それにしても、全十八回の連載、ほんとうにどうもありがとうございました。この経験を活かして、これからの活動に繋げていきたいと思います。
僕も、この連載を機会に、ダイシングランドという非常にパワーのある会社に触れることができて、そしてそのイズムを学ぶことができて、すごくすごく感激です。そのスーパーエナジーの颯爽たる会社として、これからもがんばってください!心から応援しております。

また、こちらのサイトの方からいつも僕の連載を見てくださった皆さま、どうもありがとうございました。どうぞこれからも、皆見龍一郎、北山劉を、宜しくお願いいたします。
皆さまの幸福をお祈りしています。

minami

この記事へのトラックバック