カブト虫に熱中!

画像

営業 エネル(アブラ)ギッシュな34歳です

今回は息子が飼っているカブト虫を紹介します。
昨年は全く関心がなく、電車命の長男でしたが、
今年は突然昆虫命となり、カブト虫探しに熱中しています。

画像

画像


森に探しに出掛けたり(蚊に食われて大変)貰ったりと、気づけばカブト虫が11匹、クワガタ虫が8匹と大所帯になっていました。
虫カゴでは小さくなってしまったので、ホームセンター等でよく売られている衣装ケースで飼っています。

餌やりは長男担当で、毎晩欠かさずにあげています。

画像


次男は「むちぃぃ~!」とビビッてあまり触れません・・・。

画像


画像


これは、某ホームセンターで安売りされていた「アトラスオオカブト」。かなりのディスカウント価格でした
日本のカブト虫と違い、かなり凶暴!やむなく別カゴで飼っています。

最近涼しくなりはじめ、寿命を迎えるカブト虫もいて、数も一匹、また一匹とだんだんと少なくなってきました。

朝起きてまた死んでいると・・・寂しい限りです・・・。

でも、長男にはこのカブト虫飼育を通じて命の大切さを肌で感じもらえたと思います。
死んでしまったカブトは、長男が責任を持って「ありがとう」と言って土に返しています。

卵を産んで、まめに回収していたので、かなりの数の卵が別カゴにいます。
現在、卵から孵ったのは1匹のみ。
これから幾つの新しい命が産まれるのか楽しみです。


次男の写真が少ないのでおまけで!
画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

制作Y
2008年09月07日 22:13
私も昔はさんざんカブトやらクワガタの飼育に熱中し、その過程で命の尊さを学びました。息子さんにもきっと良い経験になると思います。‥が、何故か私は現在になって、カブトやクワガタに触る事もできなくなってしまい、とても悩んでいますw。今は息子の興味ができる限り昆虫に向かわない事を祈るばかりですw。
事務 シスター2号
2008年09月07日 23:01
昔、うちの兄もカブトムシを大量に飼っていたのを思い出しました。私は怖くて近づけませんでしたけど・・・。ブログからは息子さんよりもエネル(アブラ)ギッシュさんの方が熱中してる感じもします^^
身近なところから命の大切さを教えられる環境があるのはとてもステキですね。
専務さなえ
2008年09月08日 01:00
手塚治虫も昆虫が小さい時から好きだったみたいだよ!ペンネームに虫を付けてしまう位にね!作品の中にもかなり昆虫がでてきているみたい。2人にとってもこの好奇心が何かの可能性へと結びつくかもしれない!親の役目って深いね。   ところで、今日の大河ドラマ篤姫は泣けた。いつも泣けるが、今日は篤姫の志の強さと日本を想う篤姫含め志士達の想いに胸が苦しくなった。来週から歴史的に幕末に入るので学べると思いますよ。静岡の高橋先生が描いていた広大な構想を持つ位の地球を想う熱い気持ちがある人が今どれぐらい居るだろうか? 
出来る出来ないは後から着いてくる事としてまずは大きな希望を持って実現させていく信念が私達にも必要だと更に思った。土曜日はそういう意味でも良い時間をもてたと感謝するのみですね☆

事務 BOSS
2008年09月08日 07:28
昆虫を通して、子供なりに色々なことを学んでいると思います。餌やりを毎晩欠かさずできることは、責任感をいつしか体で身に付けているのではないでしょうか?子供の笑顔は最高の癒しです!
営業 辻
2008年09月08日 08:10
私が小学生のころ この辺(座間・大和)でもカブトとクワガタも捕まえられましたが、今はどうなんでしょうね?
お店で買う人が多いのでしょうか?
森も林も自然が昔のように戻れると 今の子供達にも大きな影響が出せると思います。
さてさて 昆虫命の後は何になるか?
パパさん 頑張って下さい!!
営業 tsujido king
2008年09月08日 08:26
男の子がいる家はやっぱり飼うのでしょうか私の家でも幼虫から飼った記憶があります。カブトムシは餌のゼリーの上に乗ったら動かずじっとしてますよね。死んだのかなってよく心配しました。早くから子供たちに命の大切さを教えるのは素晴らしいことです。
制作パートM
2008年09月10日 13:20
昆虫は、男の子なら誰しも通る道ですよね…。去年、家の息子も飼ってました。ある日虫カゴから脱走し、気が付くと私のすぐ隣にいて死ぬほどびっくりしました…。
今年は川で拾ってきたザリガニを飼ってますが、もうすぐ産卵しそうでドキドキしてます。
ちなみに最後の写真はきっと「電車とバスの博物館」ですね♪
配布小梅
2008年09月24日 08:58
カブトムシ・クワガタ・ハムスターは息子達が好きで飼ってましたね。ブログをみていると子供達の小さな頃を思いだし、懐かしく感じます。近所のお兄さんが(娘と同級生)虫好きで山にカブトムシを取りに行き貰い、衣装ケースで飼ってましたよ。一番感動したのは、ハムスターの結婚を実現したことです。息子が中学の時に『恐竜がペット』という絵本をみて、ハムスターをまた飼い始めました。なんだか、子供達と過ごしたことを思いだしたら、気持ちが温かくなりました。私より体も大きくなり自立し始めている姿に頼もしくなる今日この頃ですが、そんな頃もあったなと色々思いだしました。

この記事へのトラックバック