今年の発行を終えて

専務の小泉早苗です。
スタッフのみんな、そして求人・まなび隊・おしえ隊カレッジでお世話になっている
当社と御縁のあるお客様、すべてに感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

今年がこんなに激変するとは思っていなかったけれど、私個人的にはこの激変に
合わせたかのように少し前から、意識の変容が起きていました。

フォトリーディング、経営指針作成、本物探し、ヴォイスカウンセラー・トレーニングそして今、丹田呼吸と禅。

顕在意識と潜在意識。 左脳と右脳。 芸術との出逢い。 集中力。 本質を見抜く直感。

人間が進化していく!と今年のお正月にブログで書いたような気がしますが、本当に二極化しています。

昨日も今日も年末の挨拶にまだ行っていないところに動いてます。

昨日藤沢からの帰り夕方の車の中で、マライア・キャリーのCAN'T TAKE THAT AWAYを聞きながら
本当に当社のスタッフはみんなよく働いてくれて、素直に私の言いたい事を理解しようと
努力してくれて、素晴らしい仲間にめぐり会えて感謝だな~
って想いにふけっていた。

この曲は、マライアのテーマというサブタイトルも付いているが
絶好調の彼女があらゆるマイナスのパワーが私を落とし込めようとしても私には信念があり、そして
なにより愛があるから大丈夫よ!っと宣言している曲らしい。

そして、なんとなくふっと横を見たとき・・・・・絶景

画像


綾瀬の広がる農場に夕映えかかった富士山が、遠く遠くから、まるで私をずーっと見守っていたかのように
そこに美しくたたずんでいた。 というか居られたという感じだ。

母なる大地。 敵わない無償の愛。 全てに守られている気持ちがして車中で大泣き   感動の大泣きだよ~  声だして泣いた。
BGMもピッタリあっていて、この素晴らしいセッティングに感謝したい。


それから、もう一つ

この時期久し振りのお客様とお会いして、色んな変化があったりする。
今日もとっても大きな衝撃と共にやる気を与えてくれた方がいた。

前職リクルートの時に、クライアントとして色んな意味で刺激をもらった4才位年下の方で、
私はその方への恩を忘れられないので冊子設置を町中の良い場所に
置き続けてくれていることもあり、その方が退職されても年1回カレンダーを届けていた。

だんだん知っている顔も少なくなっていたが、今日はいつもいる年配の女性がいたので
その方の事を何となく聞いた。

今年、胃がんで亡くなっていた。

私もよく突風のような人といわれるが、彼も私以上にそんな人でした。 

当時勢いだけの私に怒りながら教えてくれたり、優しくしてくれたり、とにかく真っすぐで面倒みのよい
おこりんぼさんだけどやる時はやる頼りになる人だった。  
思いっきり生きていたと思う。 何事にも一生懸命だったし、楽しんでいたし、見ていて気持ち良かった。
自分の結婚式2次会で仕事仲間が悪酔いして、「俺の祝いの席を汚すきか!」って陰でボコボコにしてたっけ!
でも、反面とっても気を使う優しい人だったから胃がもたなかったんだね。

自分でお葬式の段取りをして、整頓して、告知されてから約半年だったそうです。
彼らしいと思いました。 大勢の人がお葬式に来たそうです。
また一人、男意気のある豪快な人がいなくなってしまった。

そして、彼がまた今、こうして私に生きる意味を教えてくれて最後の最後まで教わりっぱなしだな!

でも、彼の生き方をこんな風に伝えることで何か気付いてくれる人がいるのなら
それが私の役目なのかもしれないと思って、今ブログに書きました。

呼吸を無理やり止めたら今死ぬことができる位、死が身近にあること。
だから、思いっきり人としての道を歩むことが大切だということ。
少し豊かになり過ぎて、私も平和ボケしているので今を大切にしていきたいと改めて想いました。

明日も思いっきり、楽しく、意味ある時間を謳歌していきましょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

営業 辻
2008年12月22日 09:41
今年は本当にいろいろなことが会社の内外でありましたね。
そんな考え事してる時に ふっ! と感動する景色に出会う時の気持ち 少し分かるような気がします。
あと 私も今年2人の同級生を亡くしました。
一人は身内もなく独身…
自分の死を一人で受け止め 二度と帰ってこれない部屋を一人片付けて入院し…
そんな彼の話を聞いて いろいろ考えさせられました。
それに比べ自分はどれだけ幸せなことかを…

営業 水田
2008年12月22日 09:51
今年は本当に色々と考えさせられる一年でした。
私も専務、社長、スタッフ全員、お客様に本当に感謝でいっぱいです。
リーダーとして、人間としてまだまだ未熟な自分に学びの機会を与えてくださっている会社には本当に感謝です。
あとは、その学びを実践に活かすだけです。
今年も残りわずかですが最後まで気を抜かず、そして
来年は今年以上の成果を残せるように体に気を付けて
頑張ります。
制作 BOM
2008年12月22日 17:12
今年は、公私共に激動の1年間でした。昨年ほどではないですが・・・。ようやく、少し、心の平穏が取り戻せつつあるようです。色々、ご心配お掛けしました。
その事と少し繋がりがあるようなないような感じですが、私も昨年、生死について考えさせられることが幾つかありました。
命があるだけでも、五体満足で生きていられることこそ幸せなのだと改めて感じました。
私も全ての方々に感謝しつつ、来年も頑張りたいと思いますので、宜しくお願い致します。
制作Y
2008年12月22日 17:20
BOMさんと同じく、私も本当に激動の一年でした。冨山の父が倒れてからというもの、本当にライフスタイルが一変してしまいました。そのような状況下でも何とか乗り切ってこれたのは、会社が与えてくれた様々な学びや、氣づきの機会があったからだと思います。来年も制作のリーダーとしてしっかりと学び、頑張っていきたいと思います。
制作パートM
2008年12月22日 17:48
専務が車内から見た景色、全てを包み込んでくれているような、とても優しい風景ですね。
私は今年、本厄だったせいか個人的には色々ありましたが、どうにか大きな災いもなく過ごせました。
来年も感謝の気持ちを忘れず、目の前の事を一つ一つ一生懸命に頑張っていきたいと思いますので、宜しくお願いします。
制作新○ ti
2008年12月23日 01:12
今年、1月半ばに前向きに一人暮らししていた実母が急に倒れ、入院して2ヶ月余りで亡くなりました。それも原因の病巣は取れば完治すると言われ、手術は成功して、「お花見の頃に退院ですよ」と言われていたのに持病のせいで術後の傷が良くならず2ヶ月の間に3度も手術になりあれほど「負けないよ」っていっていた母が力尽きてしまいました。私も弟もいろいろな思いが巡り未だになかなか受け入れられず病院の近くに行く事ができません。昨年11月母の誕生日に鎌倉の山をハイキングしたのが最後の母娘の時間でした。
本当に人はいつ突然何があるかわかりませんね。1日1日を大切にしていきたいですね。
営業 エネル(アブラ)ギッシュな34歳
2008年12月23日 19:30
昨日は忘年会お疲れ様でした。
また、社長・専務、ご馳走様でした。

今年一年は、喜怒哀楽が入り混じり本当に感慨深い年でした。自分の学びとしても数多くの気づきがありました。
改めて、自分が生きていることの喜び、平穏に家庭があり、生活があり・・・と日常の有り難さを感じる事が多い年でした。
2009年はどんな事が待ち受けているのか・・・受け止めて突き進んでいきたいと思います。
自分が源泉
2008年12月24日 19:59
ダイシングランドの皆様、本当にお世話になりました。いつか、弊社と合同で懇親会をしたいですね。また、小泉専務、とても良いブログですね。感無量。多くの言葉はいらないと思いましたので、シンプルですが、ありがとうございます。
事務 BOSS
2008年12月24日 20:41
社長・専務、月曜日はありがとうございました。
忘年会の専務の話しを涙を噛み締める思いで聞いていました。
今年は本当に自分にとって学びが多い1年でした。
そして沢山の人に支えられて生きていると改めて実感しました。この感謝の気持ちに応えられるよう、自分らしく、今を一生懸命生きています。
どんな事にも強い精神力で、立ち向かって行きたいと思います。
事務 シスター1号
2008年12月25日 08:01
今年一年も色々ありすぎて、何がどうあったなんて口に出せない位ですが、成長した今の自分、みんなが結果かなと思います。

先日、「今月厳しいんだよね」「生活が苦しい」等の言葉を日本では良く聞くけど、世界には明日のご飯さえ食べられない人が沢山いる。苦しいといっても明日明後日のご飯は食べられるでしょ?と友達と話しました。本当にそうだなぁ。と実感しました。
御飯が食べられないなんて考えられない。こんな幸せな時間を当たり前と思ってはいけない。
一日、一日を大切にそして有意義に常に前進で進んでいきたいです。
事務シスター 2号
2008年12月25日 09:47
この1年、色々な刺激を受け、自分を見つめなおすことが多くありました。仕事、プライベートでお会いした人とのご縁も毎回大切にしていきたいと思います。
制作 listen 
2008年12月25日 20:05
学び学び感謝感謝の一年でした。迷いや不安もありましたが、社長・専務・スタッフ全員に支えられ、最後の発行を迎えられたと思っています。
「頑張っていれば、必ずいいことがある。真面目に歌っていれば、必ず誰かが聴いてくれる。」と言う声楽家の知人がいます。彼は1000万人に1.5~3人の発症率といわれる癌患者です。一生懸命で暖かく、笑う門には福来たる☆って前向きな人です。かなり尊敬してます。
健康であり、仕事があり、働けることに感謝の気持ちを忘れずに、明るく前向きに2009年も頑張りたいと思います♪

この記事へのトラックバック