創新塾 中堅幹部コース 第二回 【制作Y編】

制作Yです。

本日、「創新塾 中堅幹部コース」第二回目を受講して参りました。

相変わらず慣れない通勤列車。
女性専用車両に乗ってしまって、しばらく気づかず
物凄~く冷たい目線で見られたり、
人身事故の影響で思い切りダイヤが乱れたりと
色々ありつつも何とか時間前に到着。
駅から少し小走りしただけで汗が滝のように流れ、
これからの時期のスーツの辛さも久しぶりに経験しました‥。

今回はまず前回の振り返りから始まりました。
そこで同期の皆様が掲げた目標、その取り組みを聞く機会があり、
業種こそ違えど自分と同じような立場にある皆様の意見が
とても新鮮で、参考になりました。

その後今日の本題「リーダーシップとは?」に入り、まずは
「プロジェクトX 挑戦者たち 執念の逆転劇
 窓際族が世界規格を作った/VHS・執念の逆転劇」

というVTRを皆で視聴しました。

非常に感動的な内容で、以前辻さんも紹介されていましたが
陽はまた昇る」という内容で映画化もされています。

このプロジェクトを牽引した、高野鎭雄さん。
彼はどのような方法で成果を上げ、社員や周囲を
動かしていったのか、その部分に注目しながら視聴しましたが、
その中でも、成功を収めた彼が仕事を引退する時に残した言葉、

「‥夢中でしたね。夢中っていうのは大変すばらしいことだと思う。
それも神様が、私の回りにこんなにもすばらしい人たちを
置いてくださったからです。ぜひ皆さんも、
何でもいいから夢中になってください。」


という言葉が、とても心に響きました。

また高野さんと仕事を共に進めた方も当時を振り返り、
「悔いのないサラリーマン生活を送ることが出来た」と
屈託のない笑顔で語っていたのも非常に印象的で、
これはもう素直に自分もそうありたいと思いました。

このVTRの内容を全員で分析し、
それぞれの会社に置き換えて考え皆で
ひたすら討論した結果、私達16期生が考える「リーダーシップ」とは
「ビジョンの実現の為にみんなを夢中にさせる力」
であるという認識を、全員で共有しました。

これからまだまだ学ぶ事は多々ありますが、
その学びを会社のプラスに作用させるよう
今後も頑張って行きたいと思います。

厳しい状況下でこのような機会を与えて下さった会社に、
また自分の不在をフォローして頂いた社員の皆様、
本当にありがとうございました。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

専務さなえ
2009年05月27日 11:59
お疲れ様でした。 今回もいろんな学びがあったようで嬉しいです。Yさんにとって一番受けて欲しかったテーマ『刺激と確認』をレールに乗ったようにスムーズな流れで進んでくれています。 他社を知らないと自社を知る事ができません。そして、たくさんの刺激によって成長がある事を私は外部の人達と付き合う際に実感しています。Yさんとその境地を共有できる事が楽しみです。これからも、社内への発信を積極的にお願い致します
営業 水田
2009年05月28日 00:18
お疲れ様でした。
やはり創新塾での学び、気づきは大きいですよねぇ。
こんな時だからこそ、本当の意味での一丸となって
夢中に仕事に取り組んでいきましょう。
事務 BOSS
2009年05月28日 13:21
お疲れ様でした。Yさんの文章能力は凄いですね。
同じ高校を出ているにもかかわらず、こうも違うかと・・・。見習わねばと思います。勉強させて頂きます。
自分が源泉
2009年05月28日 20:46
先日はお疲れ様でした。

ビジョン実現のためのご自身の役割を今一度認識する良い機会だったのでは?と思います。

同期生の皆様も大変熱心に議論されていましたね。

自社のビジョンと自分の役割が腑に落ちた状態で

行動すると非常に強い馬力を生み出します。

まさしくYさんはそこへ向かっている感じがしました。

これからもお互いに頑張りましょう!
制作ti
2009年05月29日 15:06
お疲れ様でした。
Yさんの人生にとても有意義な講義の内容だという思いが伝わります。これからも頑張ってくださいね。
微力の私ですが、皆さんと共にYさんのフォローをしていきたいと思います。
Yさんのスーツ姿一度拝見してみたいです(^v^)
制作パートM
2009年05月31日 20:51
お疲れ様でした。
ブログを読んで創新塾の様子やYさんの想いなどがとてもリアルに伝わってきました。
私も紙面のリニューアルに向け、より一層気を引き締めて頑張っていきたいと思います。
営業 辻
2009年06月01日 01:02
お疲れさまです!!
私も創新塾に行く時に女性専用車両に乗ったしまったことがあります
あれって、なんとなく空気でわかるもんなんですね!
ビクターの高野さんの話は感動ものですよねっ!
私もあれを見て勇気が湧いてきたのを思い出しました!!

この記事へのトラックバック