湘南ビューティーカレッジ 卒業式参加!

専務の小泉早苗です。
今週火曜日、毎年生徒募集の広告で掲載を頂いている
平塚の理美容専門学校の
湘南ビューティーカレッジ
卒業式にご招待頂き、参加してきました。

画像


今年で第6回目の卒業式です。

私は、たぶん2回目から参加させて頂いたと思います。

井出校長先生は、美容室ライオンファミリーグループの経営者でもあり、以前に中小企業家同友会で井出校長先生のご苦労と熱意のご報告を聴いて
改めて人を引きつける魅力の原点とは人間力だなと学びを得ました。


画像



井出校長先生の教育論で、私もとっても共感できることがあります。

理容師の技術だけでなく、ヘアーアーティストとしての美に関わる技術はトータルで磨ける
場を学校で提供していきたい。 そして、一番に生きていく力である人間力を養う教育をしていく。

海外や介護の世界でも通用するような、体験や資格修得の道を作られている。
視野が広いと思う。  生徒は、この2年間の間に自分がやりたいことを体験を通して
見つけることができるのだ。   素晴らしい学びの場である


ここで、湘南ビューティーカレッジの校歌を紹介いたします。

作詞・作曲は、三期生の生徒達です。


湘南の風に向かい  信じる気持ちが未来へつなぐ  学び舎に夢をたくし  

周りと歩幅が合わなくても  一歩ずつ自分の道を信じろと言った  先生の言葉

それぞれの色を持ち  新しい色に触れ重なり合って虹  鮮やかかに輝き

深みを増してゆく  favorite color 夢のパレット  SBC



太陽の光を受けて  友達の声が今日も響く  日々共に過ごしていく

お互いすれ違い合った時も  泣き笑い明日の夢に進もうと言った

友達との誓い  それぞれの光をもち  新しい友に触れ重なり合って夢

鮮やかに輝き  深みを増してゆく  favorite color  夢のパレット SBC




この校歌は、生徒が創った校歌です。 

素晴らしい学校生活を送れて、学校や友達や環境に感謝している気持ちが素直に表現されている
素晴らしい校歌で、感動で涙が止まりませんね~ 



そして、何でもコトを始める時は苦労はつきものですが楽しいものです。
でも、存続させていくには根性が要ります。  そして、土台がシッカリと出来ているかにつきると思います。

卒業式では、最初に国歌斉唱を致しました。

先日、『美しい日本の詩歌』という致知出版の本を読んで初めて知った事がありました。
日本の国歌 君が代 のもとになった歌があります。

わが君は千代に八千代にさざれ石の いは(わ)ほ(お)となりて苔のむすまで  
                             詠み人知らず 古今和歌集

わが君は千年万年も限りなく、あの小さな石がやがて大きな岩となって、
その岩に苔が生えるまでも長生きして栄えてほしいものだ。



日本の国歌の意味は、とても深くて温かいものでした。 
それは会社や学校、家庭、家系、 なんでも同じですけど
幸せな存続を願う気持ちは、み~んな同じなんですよね

心がけて毎日を送ることを、忘れずに生きたいものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

制作Y
2010年03月19日 23:30
今日も卒業式帰りの親子を良くみかけました。湘南ビューティーカレッジさんは技術だけでなく、人間力もしっかりと養うというスタイルがとても素晴らしいと思います。生徒さんが創られた校歌も素敵ですね。
国歌にうたわれている「さざれ石」を京都の下賀茂神社で見たことがあるのですが、厳かな雰囲気がとても印象的でした。古今和歌集の時代から続く幸せの存続を願う想い、常に忘れずにいたいと思いました。
事務YS
2010年03月20日 15:52
生徒のみなさん、ご卒業おめでとうございます。先日の会社をお休みいただき娘と街を歩いていると、袴姿の女の子が多く見られ、娘と共にきれい~と感動を分かち合いました。校歌、とっても素敵ですね!こんな詩をかける程、技術だけでなく人間も磨かれている環境で有意義な時間を過ごしたんだと解ります。教育者のレベル低下が叫ばれる中、「自分を信じろ」と強く自信を持たせてくださる先生に出会うって大切だなって思いました。
事務M
2010年03月20日 22:50
卒業生の皆様、おめでとうございます。
爽やかな校歌ですね。”それぞれの色、それぞれの光が鮮やかに輝く”という件が素敵だと思いました。どんなメロディの曲なのか聴いてみたいなと思いました。
営業 嶋
2010年03月21日 00:07
生徒の皆様、本当にご卒業おめでとうございます。
この時期の袴姿の若人たちも、一つの季節を感じる
ファクターになっています。
昨今の4年制大学などでは、人を育てるような教育がなかなかなされていない中で、『人間力』を高める事にも力を注がれていると言うのが、卒業生や在学中の生徒さんたちにとっては本当に幸せな事で、
しっかりと社会に出て、ここで学んだことを如何なく発揮してくれるんだろうなぁと
思わせてくれる良い光景ですね。
営業 水田
2010年03月22日 11:55
卒業生の皆さんおめでとうございます。
この校歌の歌詞には、ものすごく前向きで、夢がいっぱい詰まった素敵な歌詞ですね。
夢に向かって走れる人って本当に素敵だと、最近ようやく気付けた気がします。
制作パートM
2010年03月22日 21:56
生徒の皆さん、ご卒業おめでとうございます☆
とても素敵な校歌ですね。詩に込められた感謝の気持ちが伝わってきます。
人間力も養う教育…素晴らしい事ですよね。親として、そういった学校が他にも増えてくれたらいいなぁと思います。
事務教育係
2010年03月23日 07:33
卒業生の皆さんと、ご卒業おめでとうございます。
また素敵な校歌をありがとうございます。この歌詞を聞いて、学校名での教えて、学び、素晴らしさが伝わってきました。技術のみならず、人間力を養うことの大切さを改めて考えさせられました。
制作 BOM
2010年03月23日 13:46
生徒の皆様、ご卒業おめでとうございます。
何十年も前の自分の卒業式をフッと思い出してしまいました。
これからたくさんの山を越えていくのだなぁ~とこれからの人生に思いを馳せてしまいますね。でも、素晴らしい教育理念に基づいて育てられた生徒さん達です。立派な将来が待っているんだろうなぁ~
制作 listen
2010年03月24日 10:34
皆様ご卒業おめでとうございます。
生徒さんが作詞・作曲されたなんて素敵ですね☆
存続しているうちは、それが当たり前に感じてしまいますよね。努力や感謝の気持ちを忘れずに!!ですね☆
ちなみに私の長女もこの春中学を卒業しました。校長先生の話から感動し、泣いていた私でした。

この記事へのトラックバック