我が社の心

本日は、専務の小泉早苗がブログをお届けいたします。

画像


自然のバランスは美しく、人の心をほぐし、引き寄せ、和ませます。
幸せを感じますよね。。。どんな状況であっても

この写真を撮った時も、いろんな状況の人達だと思いますが、誰かが見ろ~!!!と命令したわけでも
なく、自分達が見たいから引き寄せられるように見入って幸せを感じている人がイッパイいました。

私が求める美しさは、この本物の在り方です。

その本物とは何か。。。を、試行錯誤しながら確立していき
私の生涯が終わる時まで。。。。求め続け、確立し続けることでしょう。

失敗して気づき、新たに行動して積み上げ、出逢いがあって感動し、残念な別れも学びとし、、、、
そんな中で出来上がっていく本物の在り方。
その本物の在り方をビジネスとして確立させていくことに、チャレンジしています。

今は、まだまだ未完成ですが、諦めなければ必要な時に必要な事が引き寄せられます。

自然界には、弱肉強食というルールがあります。
いつも美しいとばかりはいられません。  
大切にしている在り方が崩れるようならば、牙を向ける事も自然の摂理。
形ばかりを装っても、共に歩く覚悟と心がなければ振り払われます。

それぞれの道に正解も不正解も、あるいは、高いも低いもありません。
価値感の違いです。

ただ、中途半端な思惑で関わる事は我が社の場合、必ず結果が出てしまうので
関係が続かない事は、今迄の傾向からあります。。。。

学びを得る事や信頼関係を作ることに、一生懸命取り組む姿勢が我が社の心です。  
ココに自分の都合が入ってしまうと、意味が変わります。

その心があれば、失敗してもご愛嬌となり、周りから可愛がられる人となります


私は、なぜか鹿児島が大好きです。
知れば知るほど、引き込まれます。
その中の一つである、郷中教育は、薩摩武士らしく理屈よりも行動力を重んじ、質実剛健を旨とし、団結心に富み、反骨精神旺盛な薩摩武士道をつくりました。

その精神的支柱となったのが、島津一族を統一した島津日新公が読んだ人としての道「いろは歌」です。


この「いろは歌」は、毎日、トイレで読んでいます。
つまり、私の指針といってもよいかもしれません。  
ぶれない自分へのチェックです。
まだまだ乗り越えられず、実行できない部分も多々ありますが、出来ない事を責めるよりも取り組む努力を
賞賛し、日々進化し、楽しんでいます。


中でも、一番心に留めているのは、
道にただ身をハ捨てむと思ひとれ かならす天のたすけあるへし

自分の信じる正しい道に命を捨てると思い定めよ、そうすれば、必ず天の助けがあるものである。


下記、 ~「西郷大久保稲盛和夫の源流 島津いろは歌」より抜粋~

もちろん、実際に天が助けてくれるわけではない。 運が舞い込んでくるものでもない。
それは、自分がそのくらいに本気になっていると何よりも目が見えてくる。
音が聞こえてくる。  空気の流れを敏感に肌で感じられるようになる。 それら諸々が、チャンスを
的確に把握する能力を生じさせ、今やるべきは何かを悟る頭脳を作り上げ、これからどう動けばよいかを
洞察する神経を活性化させる。

こうして開花され研ぎ澄まされた一つ一つの神経や能力が相互に連携し活動した結果、
信じられない程の成果を生み、時として奇蹟といえるような状況もつくりだす。  それが、天の助けである。

人事を尽くして天命を待つ、という言葉と同じ教えである。

たがしかし、天は真に人事を尽くしたのか、それとも適当にお茶を濁したのかを見破る。
自分では人事を尽くしたつもりという。。。つもり病も見破る。 お茶濁しにも、つもり病にも天の助けはない。


「人を相手にせず天を相手にすべし。 天を相手にして己を尽くし、人をとがめず我が誠の足らざるを尋ぬべし。」
よく知られた西郷の言葉である。
人を相手にして喜怒哀楽するのではなく、天を相手にせよ。
天を相手にして天の道理を踏み行い、人をとがめるのではなく自己の誠心の至らぬを自省せよ、という事だ。

西郷は、日新公の教えを心にしまうでなく自ら道に身を捨てることによって実践してみせてくれた。
大久保利通は、そんな西郷とは性格が全く異なるが、天を相手にし天命を重んじて行動したこと西郷に決して
劣らない。

面白くない事があるとヘソを曲げたように駄々っ子ぶりを発揮する西郷(そんなところがかえって西郷の魅力にも
なっているのだが。。)と異なり、大久保は文字通り信ずる道に命を捨てる覚悟で事を投げ出さず、大隈が感嘆したように<強固なる意志の力と執着力>によって、困難を一つ一つ成し遂げていった。

版籍奉還や廃藩置県に続く諸々の近代化政策、集権化政策は、どんな反対があっても断固推し進める一方、
高官たちの傲慢ぶりに対する批判には官士の人員削減その他の、政策大改革案を実行することによって信頼の
回復を図るという剛と柔の施策を、当人の言葉を借りれば、「馬鹿になり裸になって」断行するのであった。

大久保は、凶徒の刀に倒れて去ったが、彼らによって国力の上がった日本が欧米列強の触手をはねつけ、
インドや中国の二の舞いにならずに繁栄の土台を築いたことは、歴史の証明することろである。
彼らは、真に国家のリーダーであった。



以上、抜粋でしたが。。。
この心に共感共鳴し、取り組む姿勢が素直にとれることが、我が社の心です。

そして、その心を、会社が実行し社会に発信していきたいと考えています。

とても高い意識の在り方なので、その通りに今。。。出来てなくて当然ですが、取り組む意欲を
大切にするのが我が社です。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

営業 水田
2013年09月22日 23:51
専務、ブログアップありがとうございます。
人事を尽くして天命を待つ。この言葉の意味が最近ようやくわかってきた気がしてたのですが、私が思っていたよりもっと深い事に気付かされました。
自分の思い、会社の向かっている方向に正面から受け止めて行動していきます。
最近いろんな事を人のせい、何かのせいにしていた事に気付きました。
今こそ学ばせて頂いた、自分は源泉の意味を噛み締めて、今後の仕事に活かしていきます。
いろんな事を考えるきっかけになったブログをアップして頂きありがとうございました。
来週から、自分達の役割をしっかり行動に移していきます。
営業 嶋
2013年09月23日 00:19
専務、ブログアップありがとうございます。

確かに社も大事な転機を迎えておりますし、自分にとっても自分自身を見直す良い機会があったり、新たな気付きや学びがあったりと、変革の時期を迎えているのかな?と思わざるを得ないような体験をしております。

学びを得ることや信頼関係を作ることに一生懸命取り組む姿勢

この言葉は本当にしっくり来ます。
自分の向かっている方向が間違ってないな、と再確認したり、仕事で何かに悩んだときにやっぱりこの会社の不変の姿勢が自分を正しい方向へ導いてくれます。

この姿勢でしっかりと進んで行かなくては、と再確認する事が出来ました。
制作S
2013年09月23日 07:46
専務、ブログUP有難うございます。

『いろは歌』を読ませて頂き、改めて身の引き締まる思いが致しました。
冒頭【い】の『いにしへの道を聞きても唱へても わが行にせずばかひなし いにしえの みちをききても となえても わがおこないに せずばかいなし』
正に、実践、実行する事の大切さを再確認しました。

確かに、どの言葉も高い意識の在り方ですので、身に付ける事は大変ですが、少しでも実践できるよう何度も読み返し吸収していきたいです。
制作Andy
2013年09月24日 10:35
専務ブログアップありがとうございます。

自然の美しさとバランス、すばらいしいです。
私もよく自然から学ばせて頂いています。
自然が作り出した物には無駄が無く、規則的にそして美しい構造を持っているな。と常々感じさせられます。

『人事を尽くして天命を待つ』

『中途半端な思惑で関わる事』

とても胸に響く言葉です。
前者は、素直に響く言葉
後者は、とても刺さる言葉です。

情報が錯綜し、情報の真偽を見極める力がこれからの次代のテーマとなっていくと私は感じています。
何か行動をする時にインターネットを始め、手軽な情報源を使い行動をとるのが、一般的になった昨今

物事を簡単に捉え『中途半端な思惑で関わる事』は危険なコトだと感じます。

『人事を尽くして天命を待つ』
というシンプルで強い言葉の意味を再確認させて頂きました。
制作 BOM
2013年09月24日 14:45
専務ブログアップありがとうございます。

『人事を尽くして天命を待つ』
良く聞く言葉であり、感銘を受けていた言葉では有りますが、『天は真に人事を尽くしたのか、それとも適当にお茶を濁したのかを見破る。
自分では人事を尽くしたつもりという。。。つもり病も見破る。 お茶濁しにも、つもり病にも天の助けはない。』
という下りにハッとさせられました。

人はついつい『つもり病』に陥りがちです。
私も油断をすると『つもり病』に陥っている事しばしばです。

もっと志を高く持って物事に取り組み、曇りの無い心で物事を見据えていきたいと思います。
事務H
2013年09月25日 23:25
専務、ブログアップありがとうございます。

専務、難しいです(汗)

専務、上手く言葉にできません。

専務、ただただまっすぐやろうって思いました。

専務、引続きよろしくお願いします。
事務K
2013年09月30日 18:45
専務、ブログアップありがとうございます。
コメント出遅れてすみません(^_^;)
10数年ぶりに出会えて、ご縁があり、お仕事させてもらう事になりました。
このブログに専務の行動力の源を見た気がします。
これを読み、今まで自分を振り返ると、なんだか“つもり病”でもったいない時間が多かったように思います。
色々な意味でこれからの自分の在り方を考えさせられました。
とても高い志ですが、一歩ずつでも近づいていきたいと思います。

これから、どうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック